BLOG 医院ブログ

ブログ一覧 Blog

「磨いている」と「磨けている」では大違い!

「磨いている」と「磨けている」では大違い! お口の中の細菌は、よく歯を磨く人でも1000~2000億個ほど、 ほとんど磨かない人だと実に1兆個以上にもなります。 「自分はしっかり磨いている」と思われる方も要注意。 実は「歯ブラシ」だけでは歯と歯の間の細菌を除去できず、 なんと4割もの磨き残しがあると言われています。   …

詳しく見る

二次虫歯について

歯の治療で作成する詰め物や被せ物は、人工物で時間の経過によって 歯と詰め物の隙間からプラークが入り込み、新たな虫歯が出来てしまいます。 それを二次虫歯といいます。 実は治療したところは安心ではなく、むしろ新たな虫歯が出来るリスクが高いです。 虫歯は基本的に歯を削らなくては治すことが出来ません。 二次虫歯になると過去に治療で削った歯を …

詳しく見る

当院取り扱い歯磨き粉

今回は、当院で取り扱っている歯磨き粉(歯磨剤)についてお話しします。 ☆Check-Up ピーチ、バナナ、アップルなど、様々な商品を取り扱っています。 ・柔らかいジェル。泡立ちが少なく、少量の水ですすげます。 ・ピーチとバナナは、歯磨剤無配合。アップルは、低歯磨剤で歯や歯茎に優しい。 ・フッ素が再石灰化を促進し、虫歯の発生・進行を予 …

詳しく見る

歯石の付きやすいところってどこ?

‟歯石”というワードを聞いたことがある人はいるかと思いますが、 歯石ってなにか分かりますか? 歯石とは歯の表面に付く硬い石のようなものです。 歯石の表面にはスポンジ状の穴が沢山あいており、そこに沢山の細菌が 住み着いています。 そして歯石の付きやすい場所は、下の前歯の裏側、上の奥歯の外側が 付きやすいところです。 歯石を …

詳しく見る

口臭を減らす習慣とは?

いま皆さんはマスクをしていて、ご自分の口臭が気になる事はありませんか? 今日は口臭を減らす習慣について3つお話していきますね。   まず1つ目は朝ごはんを食べる! これは意外かもしれませんが、朝になると口の中の細菌が増えるため、口臭の原因になりやすいのです。 こうした口臭に効果的なのが、朝ご飯をしっかり食べて唾液を分泌する …

詳しく見る

CT撮影

今回はCT撮影についてお話しします。 CT撮影は、口腔内の立体的な3次元の情報を得ることができます。 顎の骨の状態、病状の進行具合、神経の位置把握などを詳しく知ることができます。   どのような治療の時に役立つか?(一部) ・インプラント…術前検査、埋入位置の確認、術後の確認など、より精密な治療をすることができます。 …

詳しく見る

何でも噛めるには歯は何本必要?

  歯は全部で32本あり、親知らずを除くと28本です。 イカや餅、硬いものを食べるには最低20本は必要だと言われています。 しかし70~74歳の歯の平均本数は20本を下回り、80~84歳では15本程度です。 自分の歯でなんでも噛むためにも若いうちからの‟定期健診”に通うことが大事です。 定期健診では、歯石・歯垢の除去などを …

詳しく見る

口腔がんとは?

年々増えている口腔がんとは? がんといえば様々な部位に発症しますが、実はお口の中にも「口腔がん」 と呼ばれるがんができます。 その数は毎年増え続けており、30年前と比較しておよそ3倍にも。 10年以内には1万人を超えるといわれています。 死亡率40%。日本は口腔がん後進国。 早期発見が鍵。定期的にセルフチェックを! 口腔 …

詳しく見る

歯の本数と人生の豊かさ

歯の本数と人生の豊かさという言葉との関係 みなさんは「8020(ハチマルニイマル)運動」という言葉を聞いたことがありますか? これはなんでも美味しく食事をするために「80歳になっても20本以上の歯を保とう」 という運動です。歯が多いことは、実は食事だけでなく、健康で豊かな人生を 送れるかどうかにも深く関係しています。 影響① …

詳しく見る

親知らずについて

親知らずが生えている方もいると思いますが、親知らずについて気になることが みなさんあると思いますのでまとめてみました! 親知らずがあまり痛くないので放置しても平気? →あまり痛くない・痛みがあったが痛みがなくなったので放置している方は危険です。 親知らずの痛む原因の多くは細菌感染によるものです。 痛みがあったが放置していると感染範囲 …

詳しく見る

1678 / 12 ページ91012

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお問い合わせフォーム

初診の方のお問い合わせフォーム タップでお電話できます