PRECISION精密歯科診療

精度の高い治療が、虫歯や
歯周病の再発を防ぎます Accurate treatment will keep your theeth

  • POINT
    マイクロスコープによる治療

    マイクロスコープは歯科治療で使用する専用の顕微鏡です。視野を20倍に拡大することができ、小さな虫歯や歯石を発見することができます。肉眼では見えない部分まではっきりと視認することができるため、治療の精度が上がります
    歯周病の治療では、歯石の取り残しがないかをしっかりと確認することができます。歯茎の中の状態も確認できるため、治療の成功率が上がります。
    虫歯の治療では、虫歯の範囲を目視で確認できるため、取り残しを防ぐことができます。また、詰める治療や被せる治療では、歯と詰め物や被せ物の隙間がないかをしっかりと確認する事ができます。虫歯の治療を行ったとしても、虫歯の取り残しや、歯と詰め物・被せ物の間に隙間があると、虫歯が再発してしまいます。このような、再発した虫歯を二次カリエスというのですが、虫歯の再発は、無症状に進行することが多く、重症化しやすいため、歯の寿命を大きく縮めてしまうことがあります。精密な治療を行うことで、歯の寿命を延ばすことができるのです。
    根の治療は歯科治療の中でも特に成功率が低いと言われている治療ですが、マイクロスコープを使用することで、根の細かい所まで確認しながら治療できるため、成功率を上げることができます。根の治療は、歯を残す最終手段のため、精密に治療を行わなければ、抜歯になる可能性が高まってしまいます。

  • POINT
    歯髄の重要性

    歯は三層構造になっていて、1番内側には歯髄と呼ばれる神経と血管が入っています。この歯髄は歯に栄養を供給し、象牙質という歯の内部の組織にミネラルを供給し、歯を硬くする働きがあります。また、歯の知覚を司り、刺激に対して修復象牙質という組織を作り出すことで、歯の損傷を防ぎます。この歯髄は、軟組織という柔らかい組織のため、歯に大きな衝撃が加わったとしても、歯自体がしなりを持つため、力を受け流すことができます。
    神経を取ると歯の寿命が縮まるという話を聞いたことがありますか?これは、歯髄を取ることで、歯に栄養が供給されなくなり、脆くなってしまうこと、歯髄の入っていた部分に硬い物質を詰めることで歯の柔軟性が失われ、折れるリスクが上がってしまうことが理由なのです。また、この歯髄が入っている歯髄腔の形は非常に複雑で、通常の根の治療では、根の病気が再発を繰り返しやすいことから、根の治療は非常に難しく、歯科医師にとってもなるべく避けたい治療と言われています。

  • POINT
    MTAセメントを使用した神経を残す治療

    虫歯が大きくなると、神経まで到達し、歯髄を取らなくてはいけなくなります。しかし、上でもお話しした通り、神経を全て取ってしまうのは、非常にリスクが高いためなるべく避けたいところです。そこで当院では、新しいMTAセメントという材料を使った治療を行っています。虫歯が大きく、神経まで到達してしまった場合、細菌感染していると思われる部分だけを取り除き、そこにMTAセメントを塗布します。
    MTAセメントは水分によって固まり、固まるときに水酸化カルシウムという物質に変化し、強アルカリ性によって抗菌作用を示します。しかも生体親和性が高く、身体に優しい材料です。このセメントにより、歯髄腔を封鎖することにより、歯髄を温存し、神経を取らずに残すことが可能です。MTAセメントは封鎖性が高く、緊密に詰めることができ、抗菌作用もあるため、虫歯が再発する可能性も低くなります。
    非常に高度なテクニックを必要とし、マイクロスコープなどの器具が必要ですが、歯の神経を残し、歯の寿命を延ばすことができます。

  • POINT
    根の治療の成功率が向上する

    神経を取る治療を一般的に根の治療と言います。この根の治療は、成功率が低く、難しいことで知られています。しかし、マイクロスコープを利用した精密歯科診療では、視野を20倍に拡大し、治療を行うことで、根の治療の成功率が飛躍的に向上します。
    根の中は暗く、根の走行は複雑で、肉眼で診断する事は非常に困難ですが、マイクロスコープの利用によって、神経や虫歯の取り残しを防ぐことができます。根の中がきれいになったかどうかも、拡大した視野で、より正確に判断することができます。
    また、根の洗浄・消毒後には防腐剤を充填しますが、この時もマイクロスコープを利用することによって、より緊密に充填することができ、しっかりと詰めてあるかどうかを判断することもできます。マイクロスコープを使用するには、熟練の技術が必要ですが、きちんと治療することで、歯の寿命をより延ばすことができます。

  • POINT
    CTで三次元的に診ることができる

    精密歯科診療では、高感度の歯科用CTを併用することで、より正確な診断と治療を行うことができます。根の治療は上でもお話ししたように難しい治療です。目視だけでは見落としがある可能性が残ります。歯科用CTでは、目だけでは確認できない細かい管も映し出すことができます。もちろん、CTによって発見された管もきちんと洗浄し、治療を行います。根の治療後には、きちんと防腐剤が充填されているかも、確認することができます。
    また、歯科用CTはインプラントや歯周病の治療にも利用できます。
    インプラントは骨にインプラント体というネジ状の装置を埋め込む手術のため、骨の状態や形を確認して手術を行うことで、さまざまなリスクを回避することができます。歯周病は、歯の周りの骨の状態を知ることで、治療の方針を立て、処置を行うことができます。

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます