BLOG 医院ブログ

歯茎が変化する4つの理由 Blog

歯茎が変化する4つの理由

原因1・・・歯茎の色→赤・赤紫

歯周病

歯周病は「歯周病菌」が歯を支える骨を溶かし、最後には歯が抜けてしまう病気です。

初期段階では歯茎の炎症により赤くなります。

さらに進行すると、歯周病菌が歯と歯茎の隙間の奥深くまで入り込み、歯茎の色が

赤紫へと濃くなっていきます。

原因2・・・歯茎の色→黒・紫

喫煙

喫煙をしている方は、ニコチン・タールなどの有害物質が歯茎に染み込み、

さらに血行も悪くなって歯茎が「黒」や「紫」っぽくなります。

原因3・・・歯茎の色→黒

歯の根の変色

歯の神経が死んでしまうと歯や歯根が黒くなってきます。

歯茎が透けて見えてしまい、歯茎が黒っぽく見えることがあります。

原因4・・・歯茎の色→黒

金属の色が溶けだしている

かぶせ物やその土台などに金属を使用していると、

流れ出る(溶けだしている)金属が原因で

歯茎が黒くなることがあります。

 

 

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます