BLOG 医院ブログ

歯科の麻酔 Blog

今回は歯医者さんで行っている、麻酔法に関してお話しします。

1、表面麻酔

歯茎に塗って、表面の感覚を麻痺させる麻酔です。

歯そのものの痛みを抑えるには注射する必要がありますが、この注射の針が歯茎に刺さる時に痛みを感じます。それを和らげるための麻酔です。

 

2、浸潤麻酔

痛みを和らげたい所に直接注射をする麻酔です。

歯茎に針を刺し、歯の神経を麻痺させます。麻酔の効果は、人にもよりますが1~3時間ほどです。

 

3、伝達麻酔

浸潤麻酔では効きが十分でない時に、脳と繋がる神経の周囲に麻酔をすることで、広い範囲でしっかり麻酔を効かせることができます。麻酔の効果は、3~6時間ほどです。

 

☆麻酔が切れていないうちに食事をしたり、熱い飲み物を飲んだりすると、口腔内を噛んでしまったり、火傷をしてしまったりします。

麻酔が切れてから摂取してください。

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます