BLOG 医院ブログ

喫煙と歯周病の密接な関係 Blog

喫煙と歯周病の密接な関係

歯周病の重要なサインとは?

歯周病は自覚症状があまり少ないことから、別名「沈黙の病」とも言われています。

多くの方が自覚せずに歯周病を患い、大切な歯を失っています。まったく症状がないかと

いうと、そうじゃありません。

歯周病には、そうだと気付かせてくれるとてもわかりやすい症状があります。

それは「出血」です。単なる出血だ、と軽く流してしまう方も多いですが、出血は歯茎のが

歯周病菌におかされ、炎症を起こしている証拠。それはまた、歯を支えている骨を溶かし

はじめているかもしれない重要なサインなのです。このサインに気づいて早く歯科に行けば、多くの歯を守る事ができます。しかし、サインに気づくことなく過ごし、結果として手遅れの状態で病院にやってきて、何本も失うという方もいます。

 

なんでそんなに歯が抜ける?

年をとるにつれどんどん歯が抜けていき、75歳以上ではその数は10本をゆうに超えますが、

実はその理由の大半は「歯周病」なのです。歯周病とは上でも書いた通り、歯を支えてる

骨を溶かし、いずれ歯が抜けてしまう怖い病気。「出血」くらいしか目立った自覚症状がなく、

歯が溶け始めても気づかない方がたくさんいます。これが多くの歯を失うことの原因の一つ

です。さらには、喫煙など様々な要因によって、ただでさえ少ないサインに気づきにくくなることもあります。

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます