BLOG 医院ブログ

歯がないことの悪影響 Blog

歯がないことの悪影響

①噛む能力が落ちる・会話も不自由に!?

奥歯がなくなると確実に「噛めなく」なります。特に前から6・7番目の奥歯(大臼歯)を

1本失っただけで、すりつぶす力が30%も落ちると言われています。

前歯の場合、にっこり笑った時に歯が抜けていたら、印象としてプラスに働くことはまずありません。

さらに、息もれしたり、発音が不明瞭になったりするため、会話にも問題がでます。

②抜けたところだけではありません!!

歯は隣同士の歯が倒れないようにお互いに支えあっています。

歯がなくなってしまったまま放置すると、隣の歯が傾斜したり、回ったりしてしまいます。

なくなった歯の反対側の歯は、噛みあう相手を失ってしまうことで、時間とともに歯が浮いてきてしまい、

伸びたようになります

③健康な歯までもがこんな病気に…

抜けたまま放置すると、歯と歯の間が広くなります。すると、食べかすが詰まりやすくなり、

むし歯を引き起こします

しかも、それは歯と歯に隠れ気づきにくいため、大きくなって痛むまで発見しにくいむし歯です。

隙間に詰まった食べかすは、むし歯だけでなく歯周病も引き起こします。出血から始まり、やがて歯を支えている骨を

溶かしはじめ、最後は歯が抜けてしまいます

さらに歯周病は、心臓病、脳卒中、糖尿病といった全身疾患にも影響があります

 

抜けたまま放置している歯があったら、ぜひ今すぐご相談下さい。

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます