BLOG 医院ブログ

二次虫歯について Blog

歯の治療で作成する詰め物や被せ物は、人工物で時間の経過によって

歯と詰め物の隙間からプラークが入り込み、新たな虫歯が出来てしまいます。

それを二次虫歯といいます。

実は治療したところは安心ではなく、むしろ新たな虫歯が出来るリスクが高いです。

虫歯は基本的に歯を削らなくては治すことが出来ません。

二次虫歯になると過去に治療で削った歯をさらに削ることになります。

歯質がどんどん小さくなって弱くなり、再度治療したところも、歯が折れてしまう

リスクがとても高くなります。

二次虫歯は痛みを感じづらく、見つかったときには大きく進行していて

歯を抜かなければならないことも珍しくありません。

CONTACT お問い合わせ

03-5305-8878

診療時間 平日 / 9:30~13:00 14:00~18:30
土曜日は17:00まで 休診日 木曜・日曜・祝日

初診の方のお約束フォーム

初診の方のお約束フォーム タップでお電話できます