歯周病治療


歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまい、進行すると歯を失うこともあるとても怖い病気です。しかし、日本は「歯周病大国」と呼ばれるほど患者数が多く、35歳以上になるとの8割の方が歯周病だと言われており、とても身近な病気です。

歯周病は気づかないうちにどんどん進行します

歯周病は自覚症状が少ないため、気づく頃にはかなり重症になっているケースが多い危険な疾患です。そして、進行が進み歯が溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。 そのため、永久歯の抜歯原因の第1位という調査が報告されています。

しかし、歯周病というのはそれぞれ症状によって段階があり、初期の段階の場合はブラッシング指導や歯垢取りなどの簡単な治療で回復が見込める疾患です。また、メンテナンス正しい生活習慣で予防することも可能です。 そのため定期的に検診を行い、予防や早期発見を心がけることがお口の健康維持にとても重要なのです。なお、日頃から行える歯周病予防として以下のようなことが挙げられます。


プラークコントロールとは、歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑え、調整・管理することです。
このプラークコントロールは、日頃の歯磨きや歯科医院で専用の器具を使用したクリーニング等が効果的です。

よく噛んで食事をすることは非常に大切なことです。
噛めば噛むほど唾液が盛んに分泌され、その唾液が細菌を洗い流してくれる効果があるため歯周病予防に繋がります。

歯周病のの原因菌である歯垢は糖分をエサに増殖していきます。そのため、糖分の多い偏った食生活を続けていると確実に歯周病へのリスクが高くなってしまうのです。
また、糖尿病の方は歯周病になりやすい傾向にあるため、バランスのとれた食事は糖尿病予防にも繋がります。

歯垢は食事するたびに歯に付着します。そのため毎日、または毎食後、歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧にブラッシングケアを行うことが大切です。
また、きちんと磨けているか歯科医院で染め出し等を使用しチェックすることも重要です。


 
 

歯周病についてもっと詳しく知りたい方は、歯周病について解説した専門サイト「歯周病インプラントサイト」をご覧下さい。

  ファミーユ歯科監修・歯周病インプラントサイトはこちら!

歯周病を受けた患者様の声

50代男性 M.I様からのメッセージ

 

Q.今回の治療を当院で受けていかがでしたか?
年齢とともに歯周病の自覚が出てきたのと前歯のぐらつきがどうしようもなくなったのが通院のきっかけでした。処置としての抜歯の後、下歯茎の再生手術をしてもらい手術前にあった血の味がしなくなりました。
以降、月に1回のメンテナンスのため通院を約2年間続けているせいか、その後の抜歯も無く口の中が快適な状態が続いております。できるだけ残りの歯を残したいと思い、今後もメンテナンスに通院するつもりです。

 

50代男性 T.I様からのメッセージ

 

充分な治療の説明を行って頂き、通院を持続することが出来ました。
おかげ様で、食事もうまく、体調も良くなっておりこのままの状態を維持する為に、従来以上に歯磨きを行い、更には1ヶ月に1回通院してクリーニングと歯石の除去を持続して行っています。

 

60代男性 K.Y様からのメッセージ

 

この病院に来てなかったら、今頃はガタガタになっていたのではないかと思います。オペを行ったという安心感を、今は感じています。

 
メッセージ詳細 メッセージ詳細 メッセージ詳細
歯周病インプラントセンター東京杉並