ドックズベスト


歯の治療と言うと何をイメージしますか?
痛い麻酔の注射をして、キーンと削られて、詰められたり被せられる。頑張って治療に通ったはずなのに、また痛くなる。そのたびに削られて、どんどん自分の歯が小さくなる。やがてもう抜くしかないですねと言われる…虫歯治療は辛くて嫌なイメージしかないですよね?当クリニックの院長は、少しでも痛くなく、削らない治療法について研究してきました。

新虫歯治療、ドックズベストセメントとは?

ドックズベストセメントは、アメリカで公的機関の厳しい検査・認可を受けて開発された銅を主成分としたつめ物(セメント)です。従来の虫歯治療は虫歯をドリルで削り取っていましたが、ドックズベストセメントは銅の殺菌力で虫歯を治します。歯を削る量を少なくできる(削らない治療)、歯の神経を残せる、痛みが少ない、治療回数が少ないなどの利点があります。

削る量を少なくすることが結果として歯の生存率を上げることがわかっています。 歯が残ってれば、しっかり噛んで、いつまでも美味しい食事を取り、心身ともに健康でいられるのです。

また、このドックズベストは抗菌剤ではないので薬効低下はなく永続的な薬効があるため、一回の操作で十分です。お薬といっても抗生物質などとは違い、人間の血液中に含まれる銅イオンを主成分とした様々なミネラルから作られた安全で人体に優しいお薬です。ちなみにアレルギー検査では歯科で用いられるセメント等の薬剤の中でもっともアレルギーがないというデータが出ています。お子様からお年寄りまで安心して使えるお薬です。
 


当院では、なるべく歯を削らずに神経を守る治療を推進しています。どれだけ高い入れ歯や詰め物、被せ物も自分の歯には勝てません。しっかり噛めることは内蔵を守り、全身の健康にも関わります。虫歯がひどくなる前に新しい治療法で健康な歯を維持しましょう!